海外旅行ラスベガス

赤ちゃんや子連れで行ける家族旅行

海外旅行ラスベガス編

海外旅行ラスベガス



 
ここ最近でギャンブルの町ラスベガスが変わりました!


家族連れでも楽しめるので 


あえて、子連れ海外旅行はラスベガス!と言っちゃいます。




飛行時間はロスから1時間程度、直行便で10時間前後


  
 
       

             
     
「ギャンブルの街」と言うイメージが強いのですが、この街もごたぶんにもれず、不景気でどうやってお客を呼ぶかで、四苦八苦しておりまして、


その分今までは家族連れなど目もくれなかったのに、大歓迎と言うところが増えて来てとても嬉しい町になりました(いまだに子供だめと言うホテルも在りますが)。


ほとんどのホテルがそこの特徴を生かして、無料のアトラクションをやっています。 いわば町全体が、巨大な遊園地と言う感じ。    
 
 
 
    
ここで、勝手に無料アトラクション ランキング!
 
第1位は、決まっていますね。 トレジャーアイランド ホテルの、バッカニア湾の戦い。 


海賊対英国海軍の海上戦のアトラクション。 いまだに、ラスベガスNO1の大迫力ショー。 いつも開演時間前から、すごい混雑しますので、なるべく早く行って場所取りしましょう。
 

第2位は、ベラッジオ ホテルの 噴水ショーでしょう。 噴水の、横の長さ300M、高さは70Mまで達します。 その噴水が音楽に合わせて舞い踊る水上ショー、これも大迫力です。
 

第3位は、フリーモント・ストリート・エクスペリエンス。 フリーモントストリートの、商店街のアーケード(長さ450M)の天井を、210万個の電球で、色々な映像を映し出す。 これもすごいです。

   

  まだまだたくさんありますが、このあたりは確実に見ましょうね。 
 
 
  
    
次は、勝手に有料アトラクション ランキング!
 
第1位は、ストラスフィア ホテルのハイローラー&ビッグショット。 かなり絶叫マシンの好きな人でもびびりまくります。 


ホテル横のストラスフィアタワー(350Mの絶景なタワー)の上のほう(地上270M付近)の外になんと、ジェットコースターが・・・昼間乗ると命の危険を感じます! 


それがハイローラー!  そしてそのまだ上の、270Mあたりからタワーのトップあたりまで、一気に上りつめ今度は急降下! ぜひ生きて帰ってね!
 

第2位は、ニューヨーク・ニューヨーク ホテルにある、マンハッタンエキスプレスと言う、ジェットコースター。狭い町並みをくぐりぬけて走ります。 


これが今とても有名になったのは、「C.S.I ラスベガス」 と言うテレビ映画は見たことありませんか?


とてもおもしろいのですが、ここの所長が気が滅入ると、乗りに来るのがこのジェットコースターです。 知っている人も多いのではないでしょうか?
 

第3位は、サーカス・サーカス ホテルにある、巨大屋内遊園地、アドベンチャードームです。 ここでは、うちの子たちもお世話になりました。 


本当に飽きずに1日遊んでました。 ジェットコースターから、ミニゴルフ、アーケードゲーム(これがおもしろいんです。 


輪投げとか、ボール投げとか、色々なゲームにチャレンジするとそれによって景品をくれます。子供より大人の方が、夢中になりました。


終わった時には、ゴミ袋のような大きなビニール袋にぬいぐるみが一杯に!どうやって持って帰るの?状態!)等何でもあります。 ここが、アメリカ最大の屋内遊園地だそうです。

       時間のある方は行ってみて下さいね。 
 
   
    
勝手に、ホテル ランキング
 
第1位、うちの1押しはやはり気兼ねの無い、サーカスサーカス ホテルです。 いつも館内では無料でサーカスが見れたり、上記したアドベンチャードームもあり、全く飽きませんでした。 


ビュッフェ(バイキング形式のレストラン)もよそに比べると安いです。  
 

第2位は、トレジャーアイランド ホテルです。 無料アトラクションのバッカニア湾の戦いや、ホテルのショップも海賊をイメージして作られており、なかなか楽しかったです。
 

3位は、シーザースパレス ホテル です。 ここにはフォーラムショップス と言う、ショッピングモールがありそこのお店を見ているだけで、時間を忘れます。 


そこでは、他にもアトランティス と言う無料のショーもやっています。 お見逃し無く。
 

あと、見逃せないのが、ラスベガスと言うとショーですよね。 


マジックでは、ランスバートンやジークフリート&ロイ、サーカスでは、ミスティアやオー、他にもたくさんのショーがあり、飽きることがありません。 


しかし、マジックやサーカスのような物まで、そのほとんどで、5歳未満入場できません。 要するに5歳にならないとどこも入れないと言うことですね。  


ただ、サーカス・サーカス ホテルのロビーでやっている無料のショーや噴水ショー、海賊船のショーなどは大丈夫です。 海賊船のショーで、音が大きすぎて怖くて泣いている子はいました。 
 

結果、全般的にラスベガスは、比較的小さい子連れでもわりと楽しめるところだと思います。  
 
 


赤ちゃんや子連れでも行ける
   家族旅行〜TOP



   《 国内旅行編 》


国内旅行の準備編

国内旅行の宿編

国内旅行の持ち物編


   《 海外旅行編 》


海外旅行の行き先編

海外旅行のスケジュールと宿編

海外旅行の持ち物編

海外旅行〜グアム編

海外旅行〜ハワイ編

海外旅行〜ロスアンゼルス編

海外旅行〜ラスベガス編

海外旅行〜オーストラリア編

海外旅行〜シンガポール編



  格安海外旅行術編




赤ちゃんや子連れの旅行リンク集1

グアム関連のリンク集

ハワイ関連のリンク集

ロスアンゼルス関連のリンク集

ラスベガス関連のリンク集

オーストラリア関連のリンク集

シンガポール関連のリンク集

旅行のお役立ち情報関連のリンク集



プロフィール




リンクにつきまして


                            






                         









         




 
(C)赤ちゃんや子連れでも行ける家族旅行